防具選びでスタイルは変わる|剣道をもっと楽しみたい人は選んでいる

防具

外見から整える

試合

自分の行なっているスポーツがかっこいいとやはりやる気が出てきます。剣道は特に防具の見た目が特徴的なので、できれば良い質のものを揃えて着用すると気持ちも引き締まります。

刺し幅で考える

競技

剣道の防具はその人に合わせて購入するべきです。そのため、値段は二の次だといえます。刺し幅によって防具の値段は変わってきますが、自分にあっているかどうかで購入は判断すべきです。

キツめのサイズを選ぶ

面

剣道の防具を選ぶ際にはいろんな基準がありますが、特にずれないようなサイズを選ぶのは大切なことです。そのため、面のサイズは最初はキツめのサイズを選ぶことが大事です。

身を守るためだけではない

竹刀

剣道を始めるにあたってまず必要となるものが防具です。防具を揃えていなければ試合に出ることはおろか練習さえすることができません。これは一種の決まりでもあり、伝統的な武道には必ずこういった決まり事があります。結局は自分の力を向上させることがスポーツには大事なので、身体能力と精神がスポーツの技術を向上させるためには道具は二の次だという人もいます。しかし剣道においては、防具は身体と技術と切り離して考えることはできません。剣道は竹刀で身体を打たれる武道なので、身体を衝撃から守る必要があります。衝撃から身を守れていなければ剣道では毎日怪我をしてしまうということになるので、これが重なれば競技を続けることはできません。剣道という競技を続けるためには身体にフィットした、守ってくれる防具を手に入れなければならないのです。

スポーツ用品店は世の中に数多くありますが、やはり剣道防具を購入する際は専門に扱っているお店に頼むべきです。高級な防具ほど一般のスポーツ用品店ではなく専門店で扱われているので、しっかりとした道具を選んで競技に集中したいという人を満足させてくれる道具を購入できます。剣道の防具で特に値段が高くなるのは手刺しでしかも刺し幅も細かいものだといわれています。刺し幅が細かいのが良いというわけではなく、自分のスタイルに合わせて選ぶことが大切なので、値段だけにとらわれないことも大事です。自分の身体にフィットした剣道の防具を選べば、より技術も向上していきます。